危機管理における男女トラブル [61件]sozoku.com

人妻との不倫はなぜ「非常に危険」なのか(理由として間違っているものを選べ)。
[ 問 題 ]Q20 人妻との不倫はなぜ「非常に危険」なのか(理由として間違っているものを選べ)。 A.高額の慰謝料を請求されるから。 B.強姦罪(無理やりセックスを行った罪)で訴えられるから。 C.姦通罪(既婚女性とセックスを行った罪)に問われるから。 不正解答え:『 C.姦通罪(既婚女性とセックスを行った罪)に問われるから。 』 理由:現在の法律では不倫自体は罪になりません(姦通罪は1947年に廃止)。 不正解答え:『 C.姦通罪(既婚女性とセックスを行った罪)に問われる...
[ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]
    社内不倫がバレて「クビ」を通告されたらどうするか。
    [ 問 題 ]Q19 社内不倫がバレて「クビ」を通告されたらどうするか。 A.受け入れるしかない。 B.不当解雇だと訴える。 不正解答え:『 B.不当解雇だと訴える。 』 理由:私生活上の行為なので、不倫でも普通は懲戒解雇まで認められません。 正解!答え:『 B.不当解雇だと訴える。 』 理由:私生活上の行為なので、不倫でも普通は懲戒解雇まで認められません。 facebook が「命取り」 D男は営業部の課長。専業主婦の妻と中学一年の娘、小学五年生の息子がいます。休日は、...
    [ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]
      女性部下と社内恋愛するなら、何に一番気をつけるべきか。
      [ 問 題 ]Q18 女性部下と社内恋愛するなら、何に一番気をつけるべきか。 A.周囲にバレないよう気をつける。 B.きれいに別れるように気をつける。 不正解答え:『 B.きれいに別れるように気をつける。 』 理由:関係が悪化し、セクハラなどに発展してはじめて、法律上の問題になります。 正解!答え:『 B.きれいに別れるように気をつける。 』 理由:関係が悪化し、セクハラなどに発展してはじめて、法律上の問題になります。 鞄からICレコーダーを取り出した。 C男課長は面倒見...
      [ セクハラ・ストーカー , 危機管理における男女トラブル ]
        18歳未満だと知らずに女子高生と性行為をしたらどうなるか。
        [ 問 題 ]Q17 18歳未満だと知らずに女子高生と性行為をしたらどうなるか。 A.罪になる。 B.罪にならない。 不正解答え:『 B.罪にならない。 』 理由:18歳未満の相手との性行為は、結婚前提でなければ違法だが、それを本当に知らなかったなら刑事事件として犯罪は不成立となり得ます。 正解!答え:『 B.罪にならない 』 理由:18歳未満の相手との性行為は、結婚前提でなければ違法だが、それを本当に知らなかったなら刑事事件として犯罪は不成立となり得ます。 J男は飲食店...
        [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
          12歳の教え子と、結婚前提で交際し、性行為をすることは法的に許されるか。
          [ 問 題 ]Q16 12歳の教え子と、結婚前提で交際し、性行為をすることは法的に許されるか。 A.結婚前提で相手の同意を得たなら問題ない。 B.保護者の同意を得れば問題ない。 C.必ず強姦罪に問われる。 不正解答え:『 C.必ず強姦罪に問われる。 』 理由:13歳未満の女子と性行為をすれば、相手の真意や保護者の同意、結婚前提かどうかにかかわらず、強姦罪が成立し、刑事事件となります。 不正解答え:『 C.必ず強姦罪に問われる。 』 理由:13歳未満の女子と性行為をすれば、相手...
          [ 未成年との恋愛 , 危機管理における男女トラブル ]
            自分が性病なのにセックスして、相手にうつしたら罪になるか。
            [ 問 題 ]Q15 自分が性病なのにセックスして、相手にうつしたら罪になるか。 A.傷害罪に問われる。 B.損害賠償の責任を負う。 C.AとBの両方正しい。 D.AもBも正しくない。 不正解答え:『 C.AとBの両方正しい。 』 理由:法的には傷害罪になり、損害賠償責任も負うことになります。しかし、実際は故意かどうか、うつされたことを立証できるかどうかが問題になります。 不正解答え:『 C.AとBの両方正しい。 』 理由:法的には傷害罪になり、損害賠償責任も負うことになりま...
            [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
              妊娠させ、中絶費用と慰謝料を要求された。どこまで払う義務があるか。
              [ 問 題 ]Q14 妊娠させ、中絶費用と慰謝料を要求された。どこまで払う義務があるか。 A.中絶費用は負担すべき。 B.中絶費用に加え、慰謝料も支払うべき。 C.どちらも支払う義務はない。 不正解答え:『 C.どちらも支払う義務はない。 』 理由:合意のうえで性行為をしたなら、双方の自己責任。妊娠は病気ではなく、損害は発生しないから慰謝料も発生しません。 不正解答え:『 C.どちらも支払う義務はない。 』 理由:合意のうえで性行為をしたなら、双方の自己責任。妊娠は病気ではな...
              [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                性犯罪で捕まったら一生台無しのリスクが高いのは有名大学の学生か、無名大学の学生か。
                [ 問 題 ]Q13 性犯罪で捕まったら一生台無しのリスクが高いのは有名大学の学生か、無名大学の学生か。 A.有名大学の学生のほうがリスクが高い。 B.無名大学の学生のほうがリスクが高い。 C.どちらも同じ。 正解!答え:『 A.有名大学の学生のほうがリスクが高い。 』 理由:有名大学の学生が起こした事件は実名で大きく報道される可能性が高いといえます。 不正解答え:『 A.有名大学の学生のほうがリスクが高い。 』 理由:有名大学の学生が起こした事件は実名で大きく報道される可能...
                [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                  ナンパ相手が処女の場合と非処女の場合、法的リスクが高いのはどちらか。
                  [ 問 題 ]Q12 ナンパ相手が処女の場合と非処女の場合、法的リスクが高いのはどちらか。 A.処女のほうがリスクが高い。 B.非処女のほうがリスクが高い。 C.リスクは同じ。 正解!答え:『 A.処女のほうがリスクが高い。 』 理由:強姦の濡れ衣を着せられた場合、相手が処女だと有罪となりやすいともいえます。加えて、処女膜裂傷を伴うため、量刑も重くなります。 不正解答え:『 A.処女のほうがリスクが高い。 』 理由:強姦の濡れ衣を着せられた場合、相手が処女だと有罪となりやすい...
                  [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                    「ハンカチを敷けば強姦でない」、「室内ならOK」は本当か。
                    [ 問 題 ]Q11 「ハンカチを敷けば強姦でない」、「室内ならOK」は本当か。 A.前者は本当。 B.後者は本当。 C.両方ウソ。 不正解答え:『 C.両方ウソ。 』 理由:女性の同意があったかどうかは、場所などだけでなく様々な状況から総合的に判断されます。 不正解答え:『 C.両方ウソ。 』 理由:女性の同意があったかどうかは、場所などだけでなく様々な状況から総合的に判断されます。 正解!答え:『 C.両方ウソ。 』 理由:女性の同意があったかどうかは、場所などだけで...
                    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。