危機管理における男女トラブル [61件]sozoku.com

室内で、複数のカップルが性行為をするパーティは違法か合法か。
[ 問 題 ]Q10 室内で、複数のカップルが性行為をするパーティは違法か合法か。 A.違法。 B.合法。 正解!答え:『A.違法。』 理由:公然わいせつ罪が成立します。 不正解答え:『A.違法。』 理由:公然わいせつ罪が成立します。 「警察だ。そのまま動かないように」 F男は『大人の社交場』というサークルを運営し、ホームページを開設しています。『大人の社交場』とは、インターネットで参加者を募り、人里離れたロッジを借りて乱交パーティを催す会です。ホームページではまず、18...
[ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
    誰もいない深夜の公園で全裸になるのは罪になるか。
    [ 問 題 ]Q9 誰もいない深夜の公園で全裸になるのは罪になるか。 A.罪になる。 B.罪にならない。 正解!答え:『A.罪になる。』 理由:現実に誰も見ていなくても、見られる可能性がある場所であれば公然わいせつ罪が成立します。 不正解答え:『A.罪になる。』 理由:現実に誰も見ていなくても、見られる可能性がある場所であれば公然わいせつ罪が成立します。 なんという解放感 区役所勤務のI男は真面目な仕事ぶりが評価されていました。公務員はいいねと皮肉を言われますが、9時‐1...
    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
      「個人でナンパして性行為をする」と「グループでナンパして複数人で性行為する」は、法的にどちらが安全か。
      [ 問 題 ]Q8 「個人でナンパして性行為をする」と「グループでナンパして複数人で性行為する」は、法的にどちらが安全か。 A.個人のほうが安全。 B.グループのほうが安全。 正解!答え:『A.個人のほうが安全。』 理由:集団強姦の刑事事件は、非親告罪(被害者の告訴がなくても起訴される罪)で、逮捕もされやすいといえます。 不正解答え:『A.個人のほうが安全。』 理由:集団強姦の刑事事件は、非親告罪(被害者の告訴がなくても起訴される罪)で、逮捕もされやすいといえます。 「な...
      [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
        ナンパした女性を深追いしない方がよいのはなぜか。
        [ 問 題 ]Q6 ナンパした女性を深追いしない方がよいのはなぜか。 A.結婚を迫られるから。 B.金がかかる女が多いから。 C.急に気が変わるから。 不正解答え:『C.急に気が変わるから。』 理由:当初は女性に男性に対する好意があっても、ひょんなことから告訴されるリスクがあります。 不正解答え:『C.急に気が変わるから。』 理由:当初は女性に男性に対する好意があっても、ひょんなことから告訴されるリスクがあります。 正解!答え:『C.急に気が変わるから。』 理由:当初は...
        [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
          酩酊した女性との性行為は法的に許されるか。
          [ 問 題 ]Q7 酩酊した女性との性行為は法的に許されるか。 A.女性が合意していればOK。 B.女性が合意していてもNG。 不正解答え:『 B.女性が合意していてもNG。』 理由:酩酊状態でのセックスは準強姦罪が成立します。 正解!答え:『 B.女性が合意していてもNG。』 理由:酩酊状態でのセックスは準強姦罪が成立します。 「彼氏に振られたの」 証券会社勤務のH男は仕事に追われる毎日。いつも疲れて帰...
          [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
            なぜ初対面の女性と部屋で二人きりになるのは、「非常に危険」なのか。
            [ 問 題 ]Q5 なぜ初対面の女性と部屋で二人きりになるのは、「非常に危険」なのか。 A.嘘の証言で強盗罪に問われる可能性があるから。 B.嘘の証言で強姦未遂罪に問われる可能性があるから。 C.嘘の証言で暴行罪に問われる可能性があるから。 不正解答え:『 B.嘘の証言で強姦未遂罪に問われる可能性があるから。 』 理由:未遂なので女性の一方的な主張のみが通るともいえる状況です。密室の出来事だと、「何もしていない」ことの...
            [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
              「強制わいせつ」有罪確定で、クビになるのは。
              [ 問 題 ]Q4 「強制わいせつ」有罪確定で、クビになるのは。 A.会社員。 B.公務員。 不正解答え:『B.公務員。』 理由:公務員は禁錮刑以上で失職します。強制わいせつには罰金刑がないので、起訴により失職は必至となります。 正解!答え:『B.公務員。』 理由:公務員は禁錮刑以上で失職します。強制わいせつには罰金刑がないので、起訴により失職は必至となります。 「チューしようよ」 公務員H男は真面目な男でした。ただ、ちょっとだけ酒癖が悪い。今夜は、久々に集まった大学の...
              [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                痴漢の濡れ衣を着せられ、「示談で慰謝料を払うなら警察には言わない」と言われた。慰謝料を支払う必要があるか。
                [ 問 題 ]Q3 痴漢の濡れ衣を着せられ、「示談で慰謝料を払うなら警察には言わない」と言われた。慰謝料を支払う必要があるか。 A.慰謝料を払って解決するしかない。 B.慰謝料を払う必要はない。 不正解答え:『 B.慰謝料を払う必要はない。 』 理由:高額の慰謝料を要求されたという事実を証明できれば、警察は女性からの被害届の受理に慎重になります。 正解!答え:『 B.慰謝料を払う必要はない。 』 理由:高額の慰謝料を要求されたという事実を証明できれば、警察は女性からの被害届の...
                [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                  痴漢に間違われて逮捕された。会社にバレないことを最優先に考えるにはどうすればよいか。
                  [ 問 題 ]Q2 痴漢に間違われて逮捕された。会社にバレないことを最優先に考えるにはどうすればよいか。 A とりあえず痴漢したと認める。 B 家族から病欠だと連絡してもらう。 正解!答え:『 A.とりあえず痴漢したと認める。 』 理由:否認すれば勾留される可能性が高まります。 不正解答え:『A.とりあえず痴漢したと認める。 』 理由:否認すれば勾留される可能性が高まります。 「20日は覚悟してね」 「僕...
                  [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                    痴漢に間違われ、逮捕されそうになったらまずどうすべきか。
                    [ 問 題 ]Q1 痴漢に間違われ、逮捕されそうになったらまずどうすべきか。 A.とにかく走って逃げる。 B.駅事務所に行き、正々堂々と無実を主張する。 C.名刺などで身分を明かす。 不正解答え:『 C.名刺などで身分を明かす。 』 理由:身分を明かせば逮捕される可能性が減ります。 不正解答え:『 C.名刺などで身分を明かす。 』 理由:身分を明かせば逮捕される可能性が減ります。 正解!答え:『 C.名刺などで身分を明かす。 』 理由:身分を明かせば逮捕される可能性が減り...
                    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。