危機管理における男女トラブル [61件]sozoku.com

中学生の娘が塾の先生と真剣交際。肉体関係も。
[ 問 題 ]Q50 中学生の娘が塾の先生と真剣交際。肉体関係も。 A.塾の先生を強姦罪で訴えることができる。 B.塾の先生を条例違反で訴えることができる。 C.真剣な交際なら認めるしかない。 不正解答え:『 B.塾の先生を条例違反で訴えることができる。 』 理由:小学生なら強姦罪の刑事事件になります。中学生なら13歳を境に結婚前提で問題ないといえます。しかし、現実に認められるケースは少ないでしょう。 正解!答え:『 B.塾の先生を条例違反で訴えることができる。 』 理由:小...
[ 未成年との恋愛 , 危機管理における男女トラブル ]
    私は高校生で、出会い系で知り合った男性と度々会っているが、問題ないか。
    [ 問 題 ]Q49 私は高校生で、出会い系で知り合った男性と度々会っているが、問題ないか。 A.お茶するだけなら問題ない。 B.あなたが18歳以上なら問題ない。 不正解答え:『 B.あなたが18歳以上なら問題ない。 』 理由:18歳未満の児童は、出会い系サイトに、自分との援助交際を持ちかける内容を書き込むこと自体が処罰の対象となります。 正解!答え:『 B.あなたが18歳以上なら問題ない。 』 理由:18歳未満の児童は、出会い系サイトに、自分との援助交際を持ちかける内容を書...
    [ 未成年との恋愛 , 危機管理における男女トラブル ]
      浮気相手を好きになった。夫と離婚できるか。
      [ 問 題 ]Q48 浮気相手を好きになった。夫と離婚できるか。 A.夫に慰謝料を払えば離婚できる。 B.10年間、夫と別居すれば離婚できる。 C.浮気した側から離婚は請求できない。 不正解答え:『 B.10年間、夫と別居すれば離婚できる。 』 理由:離婚の原因を作った側からの離婚請求が認められるのは、夫婦関係が破綻している場合です。別居の場合、約10年の別居期間が目安となります。 正解!答え:『 B.10年間、夫と別居すれば離婚できる。 』 理由:離婚の原因を作った側からの...
      [ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]
        夫婦間で「強姦罪」は成立するか。
        [ 問 題 ]Q47 夫婦間で「強姦罪」は成立するか。 A.成立する場合がある。 B.成立しない。 正解!答え:『 A.成立する場合がある。 』 理由:夫婦間でも性交渉を強要すれば強姦罪が成立する場合があります。 不正解答え:『 A.成立する場合がある。 』 理由:夫婦間でも性交渉を強要すれば強姦罪が成立する場合があります。 「こんなの強姦よ。」 B子は、夫と三年間の付き合いを経て恋愛結婚しました。サラリーマンの夫と専業主婦のB子。決して裕福とはいえませんが、一緒に食卓を...
        [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
          夫婦間で「傷害罪」は成立するか。
          [ 問 題 ]Q46 夫婦間で「傷害罪」は成立するか。 A.成立する。 B.成立しない。 正解!答え:『 A.成立する。 』 理由:夫婦でも怪我をさせれば傷害罪が成立します。 不正解答え:『 A.成立する。 』 理由:夫婦でも怪我をさせれば傷害罪が成立します。 「二度と友達に会うな。」 A子は厳格な父と貞淑な母の下に育ちました。父は九州男児で亭主関白そのものという夫でした。父が「飯」「風呂」と言えば、母はすぐに準備をし、出した料理が気にくわなければ、遠慮なく「まずい」と言...
          [ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]
            夫が他の女性とキスをしていた。離婚できるか。
            [ 問 題 ]Q45 夫が他の女性とキスをしていた。離婚できるか。 A.離婚できる。 B.離婚できない。 不正解答え:『 B.罪にならない。 』 理由:性行為がなければ、不貞行為にあたらないので離婚できません。 正解!答え:『 B.罪にならない 』 理由:性行為がなければ、不貞行為にあたらないので離婚できません。 「ほんとかわいいなー。チュー。」 今夜は会社の忘年会でした。上司と席が離れていたのを良いことに、一年の憂さ晴らしとばかりにW男は久々に酔っぱらいました。挙句、情...
            [ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]
              男性のカバンと女性のカバン、預けると危険なのはどちらか。
              [ 問 題 ]Q44 男性のカバンと女性のカバン、預けると危険なのはどちらか。 A.男性のカバン。 B.女性のカバン。 C.どちらも同じ。 不正解答え:『 B.女性のカバン。 』 理由:家のカギを入れたカバンを預けた場合、合い鍵を作られるリスクが高く、危険です。 正解!答え:『 B.女性のカバン。 』 理由:家のカギを入れたカバンを預けた場合、合い鍵を作られるリスクが高く、危険です。 不正解答え:『 B.女性のカバン。 』 理由:家のカギを入れたカバンを預けた場合、合い鍵...
              [ セクハラ・ストーカー , 危機管理における男女トラブル ]
                なぜ、女性にとって「自宅こそ危険な場所」なのか。
                [ 問 題 ]Q43 なぜ、女性にとって「自宅こそ危険な場所」なのか。 A.彼氏や夫に強姦されることが多いから。 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 C.鍵をかけ忘れて泥棒に入られる人が多いから。 不正解答え:『 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 』 理由:強姦魔は、宅配便や工事業者を装って侵入します。 正解!答え:『 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 』 理由:強姦魔は、宅配便や工事業者を装って侵入します。 不正解答え:『 ...
                [ セクハラ・ストーカー , 危機管理における男女トラブル ]
                  強姦や準強姦の被害にあったら、まず何をすべきか。
                  [ 問 題 ]Q42 強姦や準強姦の被害にあったら、まず何をすべきか。 A.警察に相談する。 B.示談交渉をする。 正解!答え:『 A.警察に相談する。 』 理由:示談交渉を先行させると、不利になることがあります。 不正解答え:『 A.警察に相談する。 』 理由:示談交渉を先行させると、不利になることがあります。 「警察も暇じゃないんだから」 G子は現在、理系の大学四年生。専攻は化学で、新薬開発の研究がしたいと考えています。このまま大学院に進学する予定です。四年生になって...
                  [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                    酒を飲んで、泥酔状態のうちに性行為をされてしまった。
                    [ 問 題 ]Q41 酒を飲んで、泥酔状態のうちに性行為をされてしまった。 A.泣き寝入りするしかない。 B.相手を刑事告訴できる。 不正解答え:『 B.相手を刑事告訴できる。 』 理由:泥酔状態を利用して性行為をした場合には準強姦罪が成立し刑事事件になります。 正解!答え:『 B.相手を刑事告訴できる。 』 理由:泥酔状態を利用して性行為をした場合には準強姦罪が成立し刑事事件になります。 「私、服着てない!」 R子は大学入学とともに上京しました。入学式の日は人の多さに圧...
                    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。