反社会勢力・クレーマー対応 [136件]sozoku.com

暴力団が社長宅に押しかけてきた
暴力団員らが会社の問題について、社長の自宅に中傷的な文言を記載した手紙を送りつけたり、自宅まで押しかけ面会を求めることが多くなっています。これを防止するためには、どうしたらよいでしょうか。 1.会社と個人は別 本来であれば、会社での問題は会社が対応するものです。しかし、暴力団は何かと理由をつけては社長などの責任がある立場の役員との面会を要求し、相手が弱腰であることをいいことに、不当な要求を押し通そうとしてきます。つまり企業が自己防衛を行う上で最も重要視されていることは、トップと安易に面会を...
[ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
    株主代表訴訟の濫用対策
    総会屋が、取締役である私を被告として株主代表訴訟を提起してきました。しかし、この訴訟提起は明らかに脅しを目的としているように思えます。私から逆に総会屋に対してとるべき手段はないでしょうか。 1.会社法の濫用対策 会社法847条1項ただし書では、株主代表訴訟の濫用的な提起を防止するため、「責任追及等の訴えが当該株主若しくは第三者の不正な利益を図り(図利目的)又は当該株式会社に損害を加えること(加害目的)を目的とする場合に」会社に対して株主からの提訴請求自体ができないということが明記されました...
    [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
      株主代表訴訟への対応
      私は、ある会社の取締役をしています。ある総会屋が私に対して株主代表訴訟を提起するといってきました。もし裁判になった場合、私は個人として、どのような金銭負担をしなければならないのでしょうか。 株主代表訴訟を提起され、被告として応訴しなければならない場合、敗訴を回避するためにも、弁護士を選任する必要があります。しかし、このような場合、会社の顧問弁護士に依頼することはできず、弁護士費用に関しても、勝訴するまでは自らが負担をすることになります。裁判となった場合、会社が補助参加としてこちら側につき、訴...
      [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
        株主代表訴訟と総会屋
        暴力団と関係が深いといわれている総会屋から会社に対して、「取締役の職務執行に重大な過失があり会社に損害をかけたので、株主代表訴訟を提起するため株式を取得したが、会社及び取締役に反省の色があれば円満に解決してもよいので面談したい」旨の申入れがありました。これに対してどのように対応すればよいでしょうか。 1.株主代表訴訟の構造 6か月以前より引き続いて株主を有している株主は、会社に対して、取締役の責任について追及する訴えの提起を請求することが可能となります(会社法847条)。会社はその請求を受...
        [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
          役員の私生活をネタに脅される
          企業機密や役員の私生活に関わる事情を理由に暴力団に脅されています。どう対処したらよいでしょうか。 1.被害者ではなく加害者 企業が暴力団に脅された際に、絶対にとるべきでない行動としては、水面下による交渉によって、暴力団と金銭的な解決を図るという方法です。本事案のような事情により脅しを受けている場合、一見企業側が被害者のように思われますが、金銭による解決を実行したときから、暴力団に活動資金を提供した会社という立場となり、社会的には加害者という認識を持たれるということを理解しておくべきです。金...
          [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
            経営幹部の民暴への対処法
            会社の経営幹部は、会社をめぐる民暴に対し、どのように対処したらよいのでしょうか。 1.蛇の目ミシン事件最高裁判決 経営幹部と民暴への対処について、重要な最高裁判例があります。これは有名な事件で、自己の背後には暴力団がいると述べる「仕手筋」から、「大阪からヒットマンが二人来ている」などといって脅迫を受けた会社の取締役らが、仕手筋にいわれるまま、返還の見込みがない金300億円を交付してしまったというものです。取締役らのこのような行為によって、会社は莫大な損害を被ることになりました(いわゆる「蛇...
            [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
              相手によって差別するのかと迫られる
              当銀行は、ある人から融資の依頼を受けましたが、本人および保証人に担保能力がないため、丁重に断りました。ところが、数日後、同和団体の理事長と名乗る者がきて、「同和地区の住民だから差別するのか、許せない。徹底的に闘う」といってきました。どうしたらよいでしょうか。 「えせ同和行為」の問題点 「えせ同和行為」とは、行政機関等が取り組んでいる部落差別の解消を目的とした同和対策とは何も関係がないもので、具体的には、要求の口実に同和問題を利用し、企業や行政機関等に圧力をかけていき、企業や行政機関において...
              [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                同和問題の知識を試す
                同和問題に関する知識を試すような質問をし、答えられないと、同和問題に対する理解が足りないと迫られています。どうしたらよいでしょうか。 1.同和問題に関する知識を試すとは 昭和62年以降、法務省では全国の事業所を対象として、「えせ同和行為」被害の実態を把握するため、定期的にアンケート調査を行っており、その結果から事業所に対する不当な要求の手段の一つとして、「同和問題を知っているかと言って脅す」というケースがあります。 例 企業などに対して不当な要求をする場合、同和問題についての歴...
                [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                  講師派遣を伴う研修会の勧誘
                  高額な報酬を要する講師派遣を伴った同和問題についての研修会開催を勧誘されています。どのように対処したらよいでしょうか。 1.研修の必要性 民間企業であっても、経済的利益を単に追求するだけでなく、同和問題以外の人権問題に関して意識を高めることが大切となります。同和問題においても、日頃から役員や社員に意識を持ってもらうという意味でも、自ら研修会を開催することや、もしくは何かのっ買いに行われる研修会に社員を参加させるなどことに積極的に取り組むことがよいと思われます。しかし、一定の研修や講習の受講...
                  [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                    下請を強要される
                    当社(建設業)の支店で公共工事を受注したところ、同和関係団体の事務局長と名乗る者ほか数名が訪れ、その団体の推薦するA社に工事の下請をさせよ、と要請してきました。担当者は断りましたが、「同和企業の育成は国の方針だ。下請をさせないのなら、それなりの対応があるだろう。支店がダメなら本店に行く」などと威圧的な態度で迫り、その後何回も同支店に押しかけてきます。どうしたらよいでしょうか。 1.基本的な対応方法は えせ同和行為における基本的な対応としては、脅しに恐れて安易な妥協をすることはせず、不当な要...
                    [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。