危機管理における男女トラブル 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

    [CATEGORY]:危機管理における男女トラブル

痴漢に間違われて逮捕された。会社にバレないことを最優先に考えるにはどうすればよいか。[POSTED]:2018-07-10

[ 問 題 ]Q2 痴漢に間違われて逮捕された。会社にバレないことを最優先に考えるにはどうすればよいか。
正解!答え:『 A.とりあえず痴漢したと認める。 』
理由:否認すれば勾留される可能性が高まります。
不正解答え:『A.とりあえず痴漢したと認める。 』
理由:否認すれば勾留される可能性が高まります。

「20日は覚悟してね」

「僕じゃないんです、勘違いです。」

警察は、J男の言い分など聞く耳をもちません。

「認めないなら、とりあえず二泊はしてもらうことになるねぇ。その後、10日かな、いや20日いくかな。ま、覚悟してね。」 とにかく会社に行かなくては。
いや、まず連絡をしなければ。 でも、なんて言えばいいんだ。それより、20日って…。 J男は目の前が真っ暗になりました。

留置場から出るには、認めるしかない

痴漢えん罪の刑事事件で逮捕されてしまった場合は、いろいろな問題が起きます。
なかでもサラリーマンにとって深刻なのは「会社にどう対応するか」という問題です。逮捕の後に勾留されずに済んだとしても、二、三日は身体拘束されることになります。平日に逮捕された場合は、逮捕翌日から、時間帯によっては逮捕当日から、会社を休まなければなりません。逮捕されている間は、電話がかけられないうえ、家族と会うこともできません。家族が刑事事件弁護士に相談し会社対応に関するアドバイスを受けるなどして策を講じなければ、会社を無断欠勤したことになってしまいます。刑事事件弁護士に相談するよう家族に伝えたくても、逮捕された段階では被疑者は自由に家族と連絡が取れるわけではなく、刑事事件弁護士を通じて話すことしかできませんから、そもそも刑事事件弁護士に相談してほしいと家族に伝える機会すらないのです。

無事に刑事事件弁護士を通じて家族と話すことができたとしても、家族から会社にはどう話すか悩むことでしょう。体調不良を理由に会社を欠勤するにしても、大の大人ですから、自分で電話できないことについてどう説明するかが問題となります。重篤な症状を理由に家族が代理で会社に連絡をしても、翌日はどう切り抜けるか。後で診断書の提出を求められることもあります。
言い訳に困った家族が「本人は海外で発病したので直接連絡できない」と会社に連絡したケースがありました。たまたま長期休暇明けで、海外旅行に行っていてもおかしくないタイミングでした。海外であれば本人が連絡できなくても不自然ではないともいえます。事件の見通し次第で欠勤が長引いても、引き延ばせます。ただこれは例外的なケースであり、普通は刑事事件で勾留されれば会社にバレてしまいます。

刑事事件で否認を貫くと、20日間勾留される可能性が大きく、その間に会社をクビになることもあります。しかし、刑事事件の裁判で無罪判決を勝ち取ったり、刑事事件弁護士が検察官と交渉することにより嫌疑不十分での不起訴処分を勝ち取ったりして、身の潔白を証明し、名誉を回復できる可能性もあります。過去には、えん罪で逮捕されていることを刑事事件弁護士を通して会社にあえて報告し、会社も被疑者を粘り強く応援した結果、不起訴処分になった刑事事件もありました。
一方、刑事事件で自白した場合は、身柄が解放される可能性が高まります。また、刑事事件弁護士が示談を成立させるなどの被害者対応をすることで不起訴処分(起訴猶予)に持ち込むことも可能ですが、自力での名誉回復はあきらめざるを得ないでしょう。さらに、認めても、勾留されないという保証はありません。

これは非常に難しい選択です。

痴漢をしたこと自体は認めないという主張を維持しつつ、刑事事件弁護士が示談を狙うこともあり得ます。例えば、「痴漢はしていないが、誤解を与えかねない行動があった」として刑事事件弁護士を通じて示談を申し込む方法です。しかしうまくいく可能性が低いのが現実です。刑事事件弁護士を介して示談をする場合は、被害者との連絡取次ぎを検察官に要請することになりますが、痴漢の刑事事件自体を否認している被疑者には協力してくれないでしょう。検察官は自白調書を作成したがっているからです。仮に検察官が協力してくれたとしても、被害者は刑事事件弁護士に対し「反省がみられず納得できないので示談はできない」と回答することでしょう。
結局は何を優先すべきかがポイントとなります。痴漢の刑事事件では、被疑者の価値観や何を大切にしたいかという考えが如実に現れるのです。

刑事事件弁護士の一言

20日間会社を留守にする「言い訳」を思いつくかどうか。

ページトップへ戻る

性犯罪』のその他の記事

誰もが当事者となりうる刑事事件・男女トラブル
A男は不動産会社のやり手営業マン。ここ数年連絡を取っていなかった大学時代の友人M男から電話がありました。勤務先の都市銀行から派遣されて米国留学に出発するとのこと。留学前の挨拶で電話してきたようでしたが、会話は弾み出身大学で起きた大事件に及びました。大学の元公認サークルのメンバーらが多数の女子大生を集団強姦していた刑事事件です。 大学に入学したばかりの一年生の春に、合コンでA男そのサークルのリーダーであったD男と出会いました。雨の降る日の夕方だったと思う。大教室の授業を受けていると、仲の良いM男に...
[ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
    レイプされた。体は手術済みでいわゆる「ニューハーフ」だが戸籍は男。強姦罪で告訴できるか。
    [ 問 題 ]Q59 レイプされた。体は手術済みでいわゆる「ニューハーフ」だが戸籍は男。強姦罪で告訴できるか。 A.強姦罪で告訴できる。 B.強制わいせつ罪で告訴できる。 C.泣き寝入りするしかない。 不正解答え:『 B.罪にならない。 』 理由:強姦罪の被害者は女性のみです。戸籍が男性なら強姦罪は成立せず、強制わいせつ罪にとどまると考えるのが妥当でしょう。 正解!答え:『 B.罪にならない 』 理由:強姦罪の被害者は女性のみです。戸籍が男性なら強姦罪は成立せず、強制わいせつ...
    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
      外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。
      [ 問 題 ]Q58  外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。 A.ある。 B.ない。 不正解答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 正解!答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 「この女は何者?」 留学先のカナダで出会ったアメリカ人男性Vと恋に落ちたY子。留学期間を終えても二人の情熱が冷めることはなく、半年間の遠距離恋愛の末、Vは日本で暮らす決意をし、来日しま...
      [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
        次に挙げる「変態男」の行為のうち、法律上、罪が重いのはどちらか。
        [ 問 題 ]Q57 次に挙げる「変態男」の行為のうち、法律上、罪が重いのはどちらか。 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 B.ジュースにこっそり自分の精液を入れて女性に飲ませる変態男。 正解!答え:『 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 』 理由:Aは器物損壊罪が成立し刑事事件となります。Bは刑法上無罪であり刑事事件となりません。 不正解答え:『 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 』 理由:Aは器物損壊罪が成立し刑事事件となります...
        [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
          社長と月50万円の愛人契約を結んだが、そのうちお金が振り込まれなくなった。訴えることができるか。
          [ 問 題 ]Q56 社長と月50万円の愛人契約を結んだが、そのうちお金が振り込まれなくなった。訴えることができるか。 A.契約不履行で訴えることができる。 B.泣き寝入りするしかない。 不正解答え:『 B.泣き寝入りするしかない。 』 理由:愛人契約は公序良俗に反するため無効です。 正解!答え:『 B.泣き寝入りするしかない。 』 理由:愛人契約は公序良俗に反するため無効です。 「お手当は毎月50万円でいいかな」 W子は半年前から銀座でホステスをしています。お酒に弱く、...
          [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
            女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。
            [ 問 題 ]Q55 女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。 A.強姦罪になる。 B.淫行条例違反になる。 C.児童福祉法違反になる。 D.無罪。 不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。 正解!答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。 不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の...
            [ 未成年との恋愛 , 危機管理における男女トラブル ]
              勤め先のクラブが「枕営業」推奨の給与体系に変わったが、処罰されることはあるか。
              [ 問 題 ]Q54 勤め先のクラブが「枕営業」推奨の給与体系に変わったが、処罰されることはあるか。 A.ホステスが処罰される可能性がある。 B.店が処罰される可能性がある。 C.法的に問題はない。 不正解答え:『 B.店が処罰される可能性がある。』 理由:料金システムによっては、店が売春させたとして刑事事件の処罰の対象となります。 正解!答え:『 B.店が処罰される可能性がある。』 理由:料金システムによっては、店が売春させたとして刑事事件の処罰の対象となります。 不正...
              [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
                売春(援助交際)した女性には通常、どのような刑が課されるか。
                [ 問 題 ]Q53 売春(援助交際)した女性には通常、どのような刑が課されるか。 A.懲役刑が科される。 B.罰金刑が科される。 C.刑は科されない。 不正解答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 不正解答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 正解!答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 「お兄さん。遊んでかない?」 日本でトップの大学を卒業し、国...
                [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                  男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。
                  [ 問 題 ]Q52 男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。 A.返す必要はない。 B.返さなければいけない。 正解!答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 不正解答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 「彼氏と結婚するそうだね」 U男はR子の一...
                  [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                    同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。
                    [ 問 題 ]Q51 同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。 A.すべて持ち出して大丈夫。 B.半分程度なら持ち出して構わない。 C.すべて置いていかなくてはいけない。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有しているものを持ち出せば窃盗罪が成立し刑事事件になります。持ち出すには話し合いが必要です。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有してい...
                    [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                      ページトップへ戻る

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。