反社会勢力・クレーマー対応 [136件]sozoku.com

同和関係図書の購入を迫られる
同和団体を名乗る者から、同和関係図書の購入を執拗に迫られています。また、勝手に図書を送付してきます。どのように対処したらよいでしょうか。 1.基本的な対応の仕方 同和関係の図書であれ、購入するかどうかは購入申し込みを受けた者が自由に決められます。これはどのような立場であれ同じであるといえます。つまり、購入を勧められたときに、買いたくないのであれば、きっぱり断ることが大事です。断るという意思表示が曖昧であると、執拗な勧誘行為を誘発することになったり、誤解や議論を生む結果になりかねません。また...
[ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
    地方営業所の民暴対策
    私は、本社から離れた地方営業所の所長です。業務のことで暴力団に難癖をつけられました。弁護士に依頼したいのですが、本社から委任状をもらうためには事の次第を説明しなければならず、厄介です。下手をすると、私の出世にも影響しますので、私の費用で弁護士に依頼しようと思っています。いかがなものでしょうか。 1.基本的な考え方 営業所などの業務に関連したことで、暴力団から難癖をつけられた場合、一般的にまず考えられることは、営業所側にも何かしらのミスがある場合と言い掛かりに過ぎない場合の二つです。ただし、...
    [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
      仮処分決定違反の街宣行為
      当社は、弁護士さんにお願いをして、えせ右翼と思われる政治団体に対して、街宣禁止の仮処分を出してもらうよう手続をし、裁判所は街宣活動を禁止する仮処分決定を出して、この政治団体はこの決定を受け取ったにも関わらず、街宣行為をやめようとしません。どのようにしたらよいのでしょうか。 1.間接強制の手続 通常であれば、仮処分決定が出ることによって、街宣行為をやめることが多いです。しかし、これは街宣行為を禁止する不作為を求める決定にすぎず、相手方がこの決定に違反することもあります。仮処分決定が出たにもか...
      [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
        街宣禁止の仮処分の申立て
        政治団体を標榜する暴力団が会社の前で、街宣車を横づけしていわれなき非難をして、また、ビラをまいています。この状態が続くと会社の信用に関わりますし、また、従業員もこわがっています。中止させる方法を教えてください。 1.街宣禁止の仮処分 このような事案の場合、裁判所に対して街宣禁止の仮処分を申立てることができます。通常の訴訟では、時間がかかり、裁判が終了するまで何もせずにいると、会社の信用が傷つけられることになり、取り返しのつかない損害が生じることになることも考えられます。仮処分では、このよう...
        [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
          街宣車による営業妨害
          当社の下請先が倒産したところ、政治団体を標榜する暴力団が、下請先の倒産は当社の責任であると、街宣車を会社周辺に横づけして、ビラを配ったり、スピーカーを使って当社の非難を始めました。このような行為をやめさせるには、どうすればよいでしょうか。 1.対応に当たっての基本的心構え 会社の周辺に、人目を惹く街宣車が乗りつけるようなことがあれば、会社側は企業の信用に関わる大きな問題であると考え、困惑や不安に駆られることは当然のことです。このような暴力団の行為に対してどのように対応するかということは、企...
          [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
            暴力団が委任状を持参してきた
            当社の下請先に工事を発注していたところ、工事途中で倒産してしまい、代表者が行方不明になりました。この後、その下請先の代理人と称する暴力団の者が委任状を持参し、工事代金を精算して支払えと請求してきました。どのように対処したらよいでしょうか。 1.自称代理人への対応 委任状を提示されただけでは、下請先本人が正当に委任したものであるかについての確実な確証がないまま支払をしたとしても、その支払が法律上で有効な弁済であるとはいえず、場合によっては、正当な権利者に対して、新ためて弁済を行うことになるこ...
            [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
              疑わしい債権譲渡通知
              当社は大手ゼネコンですが、下請会社A社が先日二度目の手形不渡事故を起こして倒産してしまいました。ところが、倒産した日の前日の日付で当社宛に、A社からB社に対して請負工事代金を債権譲渡する旨の内容証明郵便が届き、B社の社員が早速支払うよう押しかけてきました。B社は暴力金融という噂の金融会社であり、債権譲渡通知についてその作成や真正に状況的な疑問があります。どのように対処すべきでしょうか。 1.債権の譲受人への対応 内容証明郵便による債権譲渡の通知がされることによって、債務者に対する対抗要件が...
              [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                期限未到来の債権取立て
                当社が負担している期限未到来の債務について、「○○組の何某が債権譲渡を受けたので即時に返済せよ」と押しかけてきました。「弁護士を代理人に立ててきてほしい」と返答しましたが、これを黙殺し、何度も押しかけてきます。どのように対処すればよいでしょうか。 履行期限が設定されている債務については、期限が到来する前に履行する必要はないです。また、債権譲渡を受けたといっていますが、その話が本当である確証もありません。つまり○○組の何某に返済する必要はないといえ、断固拒否するべきであるといえます。もしも暴力...
                [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                  暴力団からの謝罪要求
                  私はある銀行の支店長ですが、当支店のミスとは思われないようなことを口実に暴力団が難癖をつけ、謝罪を要求してきています。あまり煩わしいので、謝罪ですむことならば謝ってすませたいと考えていますが、いかがでしょうか。 本事案のような場合、謝罪だけですむとは考えにくく、煩わしいからといって安易な方法をとるようなことがあれば、必ず付け込まれることになります。暴力団は謝罪を要求することで相手方の姿勢を見ているため、最初から不当な要求に対しては、確固たる拒否の姿勢を示すことが必要となり、また明確に拒否の姿...
                  [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                    建設現場の妨害
                    当社は、社員寮を建設しようとして工事にとりかかったところ、○○同盟なるものが、「団地内の道路はわれわれの道路である。道路を買い取るか、通行料を支払え」と脅迫するので工事ができません。調査したところ、団地の道路は不動産会社の所有でしたが、最近、○○同盟の代表者名に変更されていました。どうしたらよいでしょうか。 1.道路の法的性格 他人の土地を自己の通行のように供することをできるようにするためには、土地がいずれかのケースに該当する場合になります。①公道になっている場合②位置指定道路となっている...
                    [ 民暴対策Q&A , 企業編(内勤事務) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。