反社会勢力・クレーマー対応 [136件]sozoku.com

警察と弁護士の協力体制
民暴対策に関して、警察と弁護士会は協力して対応していると聞きましたが、教えてください。 1.警察と弁護士会の連携の必要性 民暴事件を根絶させたいと思っているのは、「公共の安全と秩序の維持(警察法2条)」を主な使命としている警察にとっても、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現(弁護士法1条)」を主な使命としている弁護士にとっても共通の課題であるといえます。最近の民暴事件の態様としては、債権回収を妨害する占有屋、権利関係書類の偽造による競売妨害、寄付金・賛助金名目の金品要求、下請契約締結の要求...
[ 民暴対策Q&A , 基礎知識編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
    「民事介入暴力(民暴)」とは
    民暴とは何でしょうか。通常の暴力との違いは何でしょうか。 1.「民事介入暴力」とは 「民事介入暴力」とは、暴力団やその関係者が暴力団の威力を利用して、一般市民の日常生活や経済取引に、民事上の権利者または関係者という立場で介入・関与をし、違法・不当な利益の獲得をしようとすることをいいます。「民事介入暴力」という言葉は、法律上で使われている用語ではなく、昭和54年に警察庁が暴力団の資金獲得活動の中でも、特定の態様のものについて使い始めた実務上の用語となります。これに該当するものであれば、事案が...
    [ 民暴対策Q&A , 基礎知識編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
      暴力団対策法施行後15年の情勢
      平成4年3月に暴力団対策法が施行され、15年が経過しましたが、その後の暴力団情勢はどのように変化してきているのでしょうか。 暴力団対策法施行から15年が経ちますが、その間に暴力団の組織、活動の状況には大きな変化がみられます。暴力団組織の特徴としては、構成員の減少、準構成員の増加傾向および指定暴力団主要3団体(山口組、住吉会、稲川会)の寡占化、山口組への一極集中があります。また、暴力団活動の特徴としては、資金獲得活動の多様化、不透明化があります。 1.暴力団の組織状況の変化 全暴力団勢力数...
      [ 民暴対策Q&A , 基礎知識編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
        暴力団の活動形態
        「暴力団」とはどのような団体ですか。また、最近の活動形態について教えてください。 1.「暴力団」とは 「暴力団」とは、簡潔にいえば、「暴力という手段を生活の中心とする反社会的な集団」のことをいいます。この用語は、警察によって昭和30年代に用いられていたものを一般化したもので、それ以前は「やくざ」や「極道」などと呼ばれていました。他にも、活動資金を得る形態をとっていることから、賭博を稼業としている集団のことを「博徒」、露天商や大道芸人等を稼業としている集団のことを「的屋」などと呼ぶこともあり...
        [ 民暴対策Q&A , 基礎知識編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
          クレーマー対応
          (1)クレームは避けられない どのような事業であっても、事業活動を行うからには、その顧客や一般市民からクレームを受けることを避けることはできません。 会社に寄せられるクレームの内容は多様であり、欠陥商品や粗雑なサービス以外に、営業のやり方、電話での話し方、配送、代金の収受から、企業のマネジメントの在り方、環境や社会への関わり方まで、非常に広範囲に及びます。本来、これらクレームは、顧客などがよりより商品、サービス、マネジメントなどを求める声であり、企業に対するアドバイスとして受け取られるべきもので...
          [ クレーマー , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
            反社会的勢力対応
            (1)反社会的勢力への対処法 反社会的勢力は脅しのプロであり、その目的は金を手に入れることや不当要求を呑ませることです。そのために、一般市民や企業を挑発して失言を誘ったり、言葉尻をとらえて厳しく糾弾したり、言葉や態度で凄味をきかせてきます。しかし、彼らは、よほどのことがない限り、警察に厄介になって当初の目的を果たせないような割の合わないことを行いません。反社会的勢力への対応にあたっては、冷静に毅然とした態度で反社会的勢力に接することが効果的です。 ア 相手の身元等を確認すること 毅然とした態度で...
            [ 反社会勢力対応 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
              1 10 11 12 13 14

              他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

              無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
              「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

              来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
              内容証明が届いた事件1時間:
              12,000円税別
              ※来所困難な方に限り、
              1時間30,000円税別にて
              電話相談に応じます。
              1時間:
              62,000円税別
              電話:初回15分
              メール:初回1往復
              土日夜間:初回15分
              無 料
              対立当事者に弁護士が就いた事件
              調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
              弁護士を替えることを検討中の事件
              その他、紛争性がある事件
              (潜在的なものも含めて)
              非対応
              来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
              内容証明が届いた事件1時間:
              12,000円(税別)
              ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
              電話:初回15分
              メール:初回1往復
              土日夜間:初回15分
              無 料
              対立当事者に弁護士が就いた事件
              調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
              弁護士を替えることを検討中の事件
              その他、紛争性がある事件
              (潜在的なものも含めて)
              非対応

              ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

              ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
              一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

              来所予約・お問い合わせ
              03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
              ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。