反社会勢力・クレーマー対応 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

    [CATEGORY]:反社会勢力・クレーマー対応

役員と従業員の連携プレー(1) 経営トップの姿勢と従業員への配慮[POSTED]:2018-07-27

当社は、全社をあげて反社会的勢力と対峙していこうと考えています。経営トップとして、従業員に対して、どのような指示をしたらよいでしょうか。

1.反社会的勢力排除は、企業の基本的倫理

日本経団連では、平成3年に「企業行動憲章」を制定していますが、その中で、暴力団などの反社会的勢力を排除することを目的とした指針を提言しました。
また、平成8年には、その指針を実現するための参考として、各企業が「企業行動憲章実行の手引」を作成し、取り組むための具体的な対策を明確にしました。
多くの企業や業界団体では、反社会的勢力に対する排除は、企業倫理にとって重要な主軸であることを認識し、行動規範の中に取り入れられることとなりました。

さらに、都道府県における暴追センターでは、反社会的勢力の排除活動を行う企業に対して支援を行うため、各地で「不当要求防止責任者講習」を開催するようになり、企業の関係者に対して、企業対象暴力への取組みに関して、具体的な講習を実施しています。

そして、「金融検査マニュアル」には、平成16年の改訂の際に「反社会的勢力への対応については、警察等関係機関等とも連携して断固とした姿勢で臨んでいるか」という項目が追加されました。

平成19年6月には、政府が「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を発表したことで、企業が反社会的勢力との関係を遮断するということが、国の方針として取り上げられるようになってきました。

以上のことから、反社会的勢力と対峙することは、企業にとって、個別のトラブル対策ということにとどまらず、クリーンな企業であることを社会的に評価されるための基本的な行動倫理となっていることが分かります。
企業のトップにいる者は、反社会的勢力の排除に関することが、重要であることを認識する必要があります。

2.暴力団と反社会的勢力

暴力団対策法が平成4年に施行されたことによって、暴力団が法的に規制される不法集団であるとはっきりと定められ、企業と暴力団が癒着することに対して社会から厳しい糾弾をあびることとなりました。
社会からクリーンな企業であるという評価を受けるためには、暴力団に対して毅然とした姿勢で対応することが求められるようになりました。

しかし、不当・不法な攻撃を企業に対して仕掛けてくるのは、なにも暴力団だけとは限りません。
それどころか、暴力団対策法の規制を免れるため、合法的な企業・社会集団・政治結社・同和団体などを標榜し、かつ暴力団のような要求をしてくることが多いといえます。このような者は、高圧的かつ威圧的な言動を執拗に繰り返すことで、不当な要求を押し通そうとします。
つまり問題となることは、暴力団と名乗るかということではなく、その行為が不当・不法な行為にあたるかということになります。
よって、暴力団と名乗らなかったとしても、反社会的勢力に対しては、暴力団に対するのと同じように、企業は毅然とした行動が求められることとなります。

3.経営トップの基本的な心構え

企業が反社会的勢力と対峙した際に、勝つためのポイントとしては、経営トップが毅然とした決意と指導力にあるといえます。経営トップが断固として屈しない姿勢を示せば、会社全体が一丸となって対峙する方向に固まります。
社長が率先して反社会的勢力の排除を訴えることで、役員や従業員が社長の指揮に従い、組織の一員としての自覚を持って取り組むと思われます。

しかし、社長が反社会的勢力と向き合うことなく、弱腰でいれば、役員や従業員は孤立することとなり、強烈な反社会的勢力から攻撃に企業が耐えることは難しいといえます。

担当者に任せ、企業が組織的なバックアップが臨めなければ、担当者は不安や恐怖心を抱くこととなり、反社会的勢力の要求に屈してしまうことは明らかです。

つまり企業が反社会的勢力と対峙するためには、経営トップが毅然とした決意を固め、会社全体に対してそれを示し、さらに結果を出すために必要な具体的な指示を下すことが求められています。

4.経営トップは何をしたらよいのか

まずしなければならないことは、反社会的勢力との絶縁宣言をすることです。つまり暴力団や総会屋、エセ右翼、エセ同和などの反社会的勢力との関係を、企業として完全に遮断し、反社会的勢力を断固として排除することを取締役会において決議することが大切です。その後、その決意を企業の倫理規定や行動規範の中に組み込むことが出発点となるのです。

次に、問題が起こった際に備えて、反社会的勢力を排除するための体制づくりをする必要があります。せっかく決意が固まっていても、具体的な備えをしていなければ、なんの成果も得ることはできません。
なので、日頃から反社会的勢力からの攻撃があった際の行動基準をつくり、組織としての対応が可能な部署や人員を確保し、さらに具体的な対応手順を取り決めておくことが重要となります。
そして、社内規則およびマニュアルを整備しておくことも必要です。
さらに、できるようであれば、暴力団排除条項を記載した契約書の作成や外部専門機関との連携の確立、日頃の研修や訓練等も求められています。

実際に事件が発生した場合、経営トップは組織的に一丸となって対峙するための的確な指示が求められることとなります。

ページトップへ戻る

企業編(経営幹部)』のその他の記事

生活保護からの暴力団排除
暴力団員から、生活保護の申請がなされました。生活保護の申請は却下できるのでしょうか。 1.結論 生活保護の申請を行った者が暴力団員である場合、生活保護法4条1項によって規定されている保護の要件を満たしていないとし、急迫状況である場合を除き、申請は却下されるものとしています。 2.保護の補足性 生活保護法とは、憲法25条により定められている「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(生存権)」の実現のため、「生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低...
[ 民暴対策Q&A , 行政機関編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
    公共事業からの暴力団排除
    私は○○市建設局に勤務する者ですが、公共工事に関し、同和関係団体の事務局長と名乗る者が、ある建設業者とともに市役所を訪れ、入札業者に対し当該建設業者を下請として採用するよう行政指導をしてほしいと要請しております。どう対応したらよいのでしょうか。 1.暴力団等の公共事業への関与 公共工事の発注では、莫大な資金が請負業者に対して支払われることや公共施設の指定管理者として採用された場合には、継続的な収入源になるということから、最近では暴力団関係者が様々な理由をつけ、公共事業に関与しようと目論んで...
    [ 民暴対策Q&A , 行政機関編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
      公立住宅からの暴力団排除
      市営住宅、県営住宅、都営住宅等の公立住宅から暴力団員を排除することは可能でしょうか。公立住宅に居住申込をした者が暴力団員である場合、暴力団員であることを理由に入居を拒否することはできるのでしょうか。また、既に公立住宅に居住している者が暴力団員であったことが判明した場合、暴力団員であることを理由に公立住宅からの明渡しを請求できるのでしょうか。 1.結論 条例によって、「暴力団員でないこと」を入居者資格として規定することで、暴力団員の入居を拒否することは可能です。また、既に暴力団員が居住してい...
      [ 民暴対策Q&A , 行政機関編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
        機関誌・情報誌の購読を取りやめたい
        私は、市役所の総務課長をしています。当市役所では長年にわたり幹部職員全員が政治団体等の発行する複数の機関誌・情報誌を購入させられています。機関誌・情報誌の発行者は、集金と称し、あるいは取材と称して市役所内を闊歩しています。このような関係を断ち切りたいのですが、どのように対処したらいいのでしょうか。 1.組織的対応が必要 行政対象暴力の類型の中で、機関誌等の購読要求は最も多いといえます。購入方法としては、職員の自費によって購入させられるケースや、公費を支出しているケースなど様々ではありますが...
        [ 民暴対策Q&A , 行政機関編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
          行政対象暴力とは
          私は市役所の土木課長をしていますが、同和団体の名刺を持った者が、「A社の経営姿勢を正してほしい」と申し入れてきました。調査したところ、この人物はA社に対して下請工事に参入させることを強要していることが分かりました。どのように対処すればよいでしょうか。また、日頃から行政職員として注意することについても、教えてください。 1.行政対象暴力とその問題性 暴力団やえせ同和・えせ右翼の団体などが、市役所や県庁等の行政職員に対して、公共工事の受注および下請参入を迫る行為や、また各種許認可や随意契約にお...
          [ 民暴対策Q&A , 行政機関編 , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
            役員と従業員の連携プレー(3) 従業員の立場
            私は、建設会社の現場責任者です。暴力団関係者が「マンションができると日照権が阻害される」と難癖をつけ、工事を妨害しています。上司は、「カネで解決せよ」というのみで、直接交渉に当たってくれません。どうしたらよいでしょうか。 1.建設会社は最大のターゲット 暴力団は、隙さえあればどのような企業であっても攻撃を仕掛けるものですが、その中でも建設業界は最大のターゲットとされています。毎年、法務省人権擁護局が実施している「えせ同和行為実態把握のためのアンケート調査結果」において、えせ同和行為の被害を...
            [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
              役員と従業員の連携プレー(2) 役員の心構え
              私は、会社の総務部長兼務の取締役です。右翼団体を自称する者たちが会社に押しかけてきて、私との面談を強要してきたので、部下に対して「私のところまでこないように、君たちの責任で解決しなさい」と指示しています。部下たちは、私のことを弱腰であると非難しています。私の態度は間違っているのでしょうか。 1.大いなる間違い 設問者がとっている態度は、明らかに間違ったものであるといえます。いくら取締役であっても、部下に責任をすべて押しつけることは許されることではありません。部下だけで解決するのではなく、会...
              [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                役員と従業員の連携プレー(1) 経営トップの姿勢と従業員への配慮
                当社は、全社をあげて反社会的勢力と対峙していこうと考えています。経営トップとして、従業員に対して、どのような指示をしたらよいでしょうか。 1.反社会的勢力排除は、企業の基本的倫理 日本経団連では、平成3年に「企業行動憲章」を制定していますが、その中で、暴力団などの反社会的勢力を排除することを目的とした指針を提言しました。また、平成8年には、その指針を実現するための参考として、各企業が「企業行動憲章実行の手引」を作成し、取り組むための具体的な対策を明確にしました。多くの企業や業界団体では、反...
                [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                  トップの意識改革
                  当社のトップは暴力団との関わりを極端に嫌い、金銭の問題ですむものならば、金銭で解決するのが最良という考え方です。トップの意識を変えるために、どのような方法が考えられますか。 1.なぜ今、コンプライアンスの時代なのか 数年前から「企業コンプライアンスの確立」がさかんに目立つようになりました。護送船団行政が解体されたことにより、各企業が自己責任によって企業の方向性を決め、進めていかなければ生き残ることが困難となってきており、企業の意志決定により立つべき基準が、他社の動向を確認しつつといった横並...
                  [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                    マスコミに知られることなく告訴できるか
                    当社は、暴力団から被害を受けていますので、告訴をしようかと考えていますが、新聞沙汰になるのが心配です。マスコミに知られないように告訴する方法がありますか。 1.事件報道を恐れない姿勢 暴力団は「告訴はしたいが、マスコミには知られたくない」という被害者の心理を逆手にとることが常套手段といえます。暴力団から被害を受けたときには、早期に弁護士へ相談することが大事です。民事介入暴力を排除するためには、毅然とした態度で相手方に対応することが求められます。刑事告訴をすることは、有効な対策の一つといえる...
                    [ 民暴対策Q&A , 企業編(経営幹部) , 反社会勢力・クレーマー対応 ]
                      ページトップへ戻る

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。