メンバー紹介 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

桜内 文城

とにかく仕事が趣味

「ひたむきに、真剣に、誠実であれ」。

2000有余年前、ユリウス・カエサルが「ガリア戦記」で述べたとされる「人は自分の見たいものしか見えない」というのは、誰もが避けられない人間の普遍的な性質だ。
だからこそ、見えないものがあることを謙虚に自覚しつつ、少なくとも見えるものに対しては、ありのままを受け入れる。目の前にいる人の心に共感し、その人の欲するものを実現できる存在になりたい。
「公会計」は、政府の意思決定によってマクロ経済に及ぼす効果や、それに伴う政府の責任を数字で明らかにする。それは、私たちの子供達、そしてまだ生まれていない将来世代の利益を守るための技術であり、ツールである。
財務官僚、新潟大学准教授、参議院議員、衆議院議員の経験を経て、今、公認会計士・税理士として、目の前の人に対して「よりひたむきに、より真剣に、より誠実」に向き合っていきたい。

天職と思えた場所

「何をやるか」と同時に、「誰がやるか」も重要。

「伝える」ことは、必ずしも「伝わる」ことと同義ではない。10年間の政治活動を経て、どんなに論理的、倫理的かつ法律的にも正義を貫き、それを実践したとしても、まず「誰がやるか」という世間からの信用の基盤がなければ、思いは「伝わらない」と悟った。
それが民主政治の現実であり、それを踏まえて自らを律する他、何も実現できない。日本国の統治機構を変えるという初志を貫徹するためにも、再起を計りたい。

公認会計士・税理士
元参議院議員・元衆議院議員 
桜内 文城 Fumiki Sakurauchi

略 歴東京大学法学部/米・ハーバード大学J.F.ケネディ政治大学院(Master in Public Policy)/マレーシア・マラヤ大学政治経済学系大学院(Ph.D. in Economics and Administration)/大蔵省(現・財務省)/新潟大学経済学部・大学院経済学研究科准教授/参議院議員/衆議院議員
主な公職経済産業省・経済産業研究所 ファカルティ・フェロー/財務省・財政制度等審議会(財政制度分科会) 専門委員/総務省・独立行政法人会計基準研究会 オブザーバー/財務省・財政制度等審議会 公会計基本小委員会 専門委員/財務省・財務総合政策研究所 特別研究官/内閣府・経済財政諮問会議 公的資産・債務管理に関するワーキンググループ メンバー/参議院・決算委員会 参考人(特別会計の現状と課題)/総務省・新地方公会計制度研究会 委員/総務省・新地方公会計制度実務研究会 委員/内閣府・経済財政諮問会議(資産債務改革実行等専門調査会) 専門委員
資 格剣道三段(東京大学剣友会、ハーバード大学剣道部初代部長)
趣 味男の手料理(鍋奉行)尊敬する人物西郷隆盛
得 意目に見えないロジックを積み重ねて新しい時代のストーリーを組み立てること
好きな言葉みんな違って、みんないい言 語英語
WEBSITE保守を貫く!桜内文城
http://www.sakurauchi.jp/
ページトップへ戻る

他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
1時間:
62,000円税別
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応

※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。