有事対応に関するお悩みゴト

反社会的勢力・クレーマー対応危機管理に関するトラブル

民暴対策Q&A 企業編(内勤事務)Q&A一覧に戻る

同僚社員が暴力団に脅されていた

同僚社員が暴力団員に呼び出されたり、言い合いをしたり、脅されたりしているところを見てしまいました。その社員は、それを目撃した私に、自分の問題だから他の社員には内緒にしてほしいといいます。私は黙っているべきでしょうか。

1.社員の心理を逆手に

会社のオフィスは、公に開放されているというのとは異なるため、来客者とはいえ、会社の規律と秩序を守り、職場を荒らさないようにする義務があります。つまり暴力団員が自由に出入りすることを認め、横暴を許すようなことがあれば、社内は無法地帯となり、会社の対外的信用を失墜させることになります。

たとえ同僚であっても、プライベートの恥は知られたくないと思うのは当然のことで、さらにこれが上司に知られてしまえば、出世にも影響を及ぼすおそれがあるため、心配になることはしょうがないことです。しかし、暴力団員はこのような社員の心理を利用し、社員が嫌がる行為(会社に押しかけるなど)を行った上で、不当な要求を受け入れるように仕向けるのです。

このような行為に対する対応策として重要なことは、暴力団員が会社に押しかけてきたとしても、社員および会社の役員が毅然とした態度で対処することです。
暴力団は弱い者に対しては強い態度をとり、いつでも付け込んできます。なので、会社の役員および上司は、社員の悩みを汲みとり、あたたかく見守っていく体制を確立しておくとよいでしょう。また、社員は職場の内外に問わず、暴力団が付け入る隙を見せない生活態度を心がけることが大切です。

2.あなたが受付担当者である場合

暴力団員と揉めている社員が「プライバシーの問題だから内緒にして欲しい」というようなことを言ってくるかもしれません。しかし、こちらとしてはその人の痛みを理解し、悩みを聞き、上司に相談するべきであることを伝えることも一つの手段です。

また、こちらの申出に耳を貸さないこともありますが、ただ来客者を取り次ぐだけではなく、目の届く範囲の職場の平穏を守るために手段を講ずることも、受付担当者としての職務内容の一つと考えられるので、暴力団員が押し掛けるなどの異常事態のときには、上司に連絡することは義務であり、ときには警察に通報することも必要です。

3.たまたま目撃した場合

たまたま目撃したというだけでは、職務上の義務を理由に上司に連絡するべきか否かということは問題となるところです。社員個人の利害よりも会社としての信用および利益を優先させるべきであると考えるのであれば、上司に報告をすることがよいと思われます。
たとえ個人的な問題であったとしても、暴力団員による脅しが継続的に行われているのであれば、その社員は落ち着いて仕事をすることができなくなったり、もちろんその影響から、業務に支障が出ることもあり、会社にとっても重大な問題となることは予想できます。このような状態にまでなれば、見て見ぬ振りはできないと思われます。

お問い合わせはこちら 東京永田町法律事務所
ページトップへ戻る

民暴対策Q&A 企業編(内勤事務)一覧