危機管理における男女トラブル [61件]sozoku.com

有料出会い系サイトでやりとりしていた。相手はサクラばかりで出会えない。通信料は返してもらえるか。
[ 問 題 ]Q30 有料出会い系サイトでやりとりしていた。相手はサクラばかりで出会えない。通信料は返してもらえるか。 A 返してもらえる。 B 返してもらえない。 不正解答え:『 B.返してもらえない。 』 理由:有料であると知っていたのであれば、詐欺の刑事事件にも該当しませんし、架空請求ともいえません。サクラだと立証するのは難しいでしょう。 正解!答え:『 B.返してもらえない。 』 理由:有料であると知っていたのであれば、詐欺の刑事事件にも該当しませんし、架空請求ともい...
[ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
    出会い系サイトで高校二年生に援交を持ちかけたが、自制心が働いて会うのはやめた。罪になるか。
    [ 問 題 ]Q29 出会い系サイトで高校二年生に援交を持ちかけたが、自制心が働いて会うのはやめた。罪になるか。 A.罪になる。 B.罪にならない。 正解!答え:『 A.罪になる。 』 理由:相手が18歳未満なら、書き込んで誘うだけで罪になります。 不正解答え:『 A.罪になる。 』 理由:相手が18歳未満なら、書き込んで誘うだけで罪になります。 「削除ボタンが見つからない。」 B男は同僚Y男と社食で昼食をとっていました。Y男が急に声を潜めたので、何事かと耳を寄せたところ...
    [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
      普段モテないのに、フィリピンパブの女の子からは結婚しようとせがまれる。その理由として可能性が高いのはどれか。
      [ 問 題 ]Q28 普段モテないのに、フィリピンパブの女の子からは結婚しようとせがまれる。その理由として可能性が高いのはどれか。 A.日本国籍がほしいから。 B.ビザがほしいから。 C.愛情があるから。 不正解答え:『 B.ビザがほしいから。またはC.愛情があるから。 』 理由:日本人と結婚している外国人は、いわゆる「結婚ビザ」を取得できます。 正解!答え:『 B.ビザがほしいから。またはC.愛情があるから 』 理由:日本人と結婚している外国人は、いわゆる「結婚ビザ」を取得...
      [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
        「お店に毎日来たら付き合ってあげる」と言われたので毎日通ってお金を使ったが、付き合ってくれない。
        [ 問 題 ]Q27 「お店に毎日来たら付き合ってあげる」と言われたので毎日通ってお金を使ったが、付き合ってくれない。 A.お金を返してもらえる。 B.お金は返してもらえない。 不正解答え:『 B.お金は返してもらえない。 』 理由:支払ったお金に対するサービスは受けているうえ、「付き合う」の意味が曖昧ですから、お金は返してもらえません。 正解!答え:『 B.お金は返してもらえない。 』 理由:支払ったお金に対するサービスは受けているうえ、「付き合う」の意味が曖昧ですから、お...
        [ セックストラブル , 危機管理における男女トラブル ]
          SMプレイで相手に痣ができた。傷害罪に問われるか。
          [ 問 題 ]Q26 SMプレイで相手に痣ができた。傷害罪に問われるか。 A.問われる。 B.問われない。 不正解答え:『 B.問われない。 』 理由:被害者が同意していれば、傷害罪は成立せず刑事事件にはなりません。 正解!答え:『 B.問われない。 』 理由:被害者が同意していれば、傷害罪は成立せず刑事事件にはなりません。 「お願い首を絞めて。」 S男とM子は付き合い始めて一年が経ちました。お互い多くの相手と付き合ってきましたが、これほど相性が合うのは初めてでした。とい...
          [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
            風俗嬢にうっかりケガをさせてしまった。「警察沙汰にしてほしくないなら金を払え」と言われている。
            [ 問 題 ]Q25 風俗嬢にうっかりケガをさせてしまった。「警察沙汰にしてほしくないなら金を払え」と言われている。 A.損害を賠償する責任がある。 B.店に恐喝罪が成立する。 C.AとBの両方。 不正解答え:『 C.AとBの両方。 』 理由:怪我をさせたなら、民法上の損害賠償責任が生じますが、脅迫をもって支払いを求める側には恐喝罪が成立します。 不正解答え:『 C.AとBの両方。 』 理由:怪我をさせたなら、民法上の損害賠償責任が生じますが、脅迫をもって支払いを求める側には...
            [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
              「30万円で示談する」と書かれた示談書にサインした。
              [ 問 題 ]Q24 「30万円で示談する」と書かれた示談書にサインした。 A.一件落着。これ以上は請求されない。 B.まだ請求されるかもしれない。 不正解答え:『 B.まだ請求されるかもしれない 』 理由:示談書は、「清算条項」がなければ金を支払う側のメリットが少ないので注意が必要です。 正解!答え:『 B.まだ請求されるかもしれない 』 理由:示談書は、「清算条項」がなければ金を支払う側のメリットが少ないので注意が必要です。 「女の子の損害と店の損害は、別だよ」 風俗...
              [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
                風俗店で、怖いお兄さんに脅されて1000万円支払うとの念書にサインした。
                [ 問 題 ]Q23 風俗店で、怖いお兄さんに脅されて1000万円支払うとの念書にサインした。 A.支払わなくてはいけない。 B.一部は支払わなくてはいけない。 C.まったく支払う必要はない。 不正解答え:『 C.まったく支払う必要はない。 』 理由:強迫されてサインしたのであれば取消しが可能です。金額が法外である場合は、意思表示は無効とされます。 不正解答え:『 C.まったく支払う必要はない。 』 理由:強迫されてサインしたのであれば取消しが可能です。金額が法外である場合は...
                [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
                  本番禁止の風俗店で本番をしてしまったら処罰されるか。
                  [ 問 題 ]Q22 本番禁止の風俗店で本番をしてしまったら処罰されるか。 A.処罰される。 B.処罰されない。 不正解答え:『 B.処罰されない。 』 理由:買春は法的に処罰されません。 正解!答え:『 B.処罰されない。 』 理由:買春は法的に処罰されません。 「本番行為、罰金100万円」 C男は、高校卒業とともに日本料理の世界に飛び込んだ見習いの一八歳。文句も言わずにもくもくと皿を洗い、仕込みをする姿は、なかなか今時の若い者には珍しい勤勉を感じさせます。 「よし、今...
                  [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
                    「不倫を妻にバラすぞ」と脅された。相手を脅迫で訴えられるか。
                    [ 問 題 ]Q21 「不倫を妻にバラすぞ」と脅された。相手を脅迫で訴えられるか。 A.脅迫罪が成立する。 B.脅迫罪にはならない。 C.ケースバイケース。 不正解答え:『 C.ケースバイケース。 』 理由:相手から積極的に告知されていたかどうかによります。 不正解答え:『 C.ケースバイケース。 』 理由:相手から積極的に告知されていたかどうかによります。 正解!答え:『 C.ケースバイケース。 』 理由:相手から積極的に告知されていたかどうかによります。 「妻と別...
                    [ 危機管理における男女トラブル , 不倫・離婚・DV ]

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。