危機管理における男女トラブル 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

    [CATEGORY]:危機管理における男女トラブル

女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。[POSTED]:2018-07-10

[ 問 題 ]Q55 女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。
不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』
理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。
正解!答え:『 B.淫行条例違反になる。 』
理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。
不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』
理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。
不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』
理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。

「43歳?見えないなあ。」

43歳のT子。離婚した後に20歳の長女と15歳の長男を引き取って生活しています。長女は芸能関係の仕事をして家を出ていますので、高校生の長男と二人暮らしです。
長男の同級生はT子の家に頻繁に出入りしています。今や不良仲間のたまり場になったマンションの部屋は、カオスそのもの。床はビールの空き缶で埋め尽くされ、ドアを開けた瞬間にタバコの紫煙で涙ぐむほど、部屋は荒れていました。
長男と友達のような関係であることを粋に感じているT子。長男の不良友達とも、友人のような関係になってしまいました。
最初は喫煙や飲酒を注意していたT子も、友人関係になったことで、注意できなくなりました。最近ではT子自身も輪に加わって、一緒に酒を酌み交わすのを楽しみにしています。
「お母さん、マジ綺麗っすね。」
「43歳?見えない。色っぽいなあ。」
お世辞とわかっていても、褒められると悪い気はしない。
離婚してから、子育てに追われて恋愛感情など忘れていたのですが、若い男たちの匂いにむせかえりそうです。大人をなめてかかる長男の友人にせっつかれ、最初はちょっとエッチなことを許すことから始まった不適切な関係でした。
しかし、T子自身が次第に不適切な関係を楽しむようになっていきました。とうとう15歳の男子高校生を相手に、性行為にまで発展してしまった。
その後、T子は逮捕され刑事事件となりました。

女性が単独で強姦罪に問われることはない

強姦罪の刑事事件の場合、共犯として関わらない限り、女性が犯人になることはありません。
しかし成人女性が青少年(18歳未満)を相手に性的行為に及んだ場合は、淫行条例違反が成立し刑事事件に発展します。淫行条例とは、各地方自治体の定める青少年保護育成条例(名称は各条例によって異なる)に定める、青少年との淫行を規制する条文の通称です。青少年の同意を得ていたとしても関係なく成立します。同意を得ていたとしても成立し刑事事件として処罰されるのですから、本人たちは罪の意識なく性行為を行っている場合が多いでしょう。同意を得ていない場合に成立する強姦罪よりも、ある意味で注意が必要です。実際、青少年の同意は得ていたし、無理やり性行為をしたわけではないのに、なぜ自分が刑事事件の被疑者になるのか、と刑事事件弁護士に訴える被疑者は多いです。

刑事事件弁護士の経験から、この種の事件は、青少年の補導などを契機として発覚することが多いといえます。淫行の相手となった少年が、その後に同じような刑事事件を起こしたり、別の事件を起こしたりすることで刑事事件が発覚するのです。
有名アイドルグループのリーダーの母親が逮捕され、罰金略式処分を受けた刑事事件がありました。発覚のきっかけは、被害者とされた少年が逮捕されたことだったとのことです。

未成年との飲酒は道義的責任問題

ところで、T子が、未成年と一緒に酒を飲んでいたことは刑事事件として罪になるのでしょうか。
未成年者飲酒禁止法によって、未成年の飲酒を知って制止しなかった親権者や監督代行者は科料に科せられます。監督代行者については、裁判例では親権者に代わって監督している実兄について認められています。しかし、その場で同席していた成人というだけでは通常認められないため、未成年と一緒に酒を飲んだ他人は刑事事件として罪に問われることはありません。

ただし、社会的道義的責任はもちろんあります。アイドルグループの未成年メンバーに飲酒させたとして報道されたアナウンサーは、謹慎処分になっています。

刑事事件弁護士の一言

18歳以上か、未満か。

ページトップへ戻る

未成年との恋愛』のその他の記事

誰もが当事者となりうる刑事事件・男女トラブル
A男は不動産会社のやり手営業マン。ここ数年連絡を取っていなかった大学時代の友人M男から電話がありました。勤務先の都市銀行から派遣されて米国留学に出発するとのこと。留学前の挨拶で電話してきたようでしたが、会話は弾み出身大学で起きた大事件に及びました。大学の元公認サークルのメンバーらが多数の女子大生を集団強姦していた刑事事件です。 大学に入学したばかりの一年生の春に、合コンでA男そのサークルのリーダーであったD男と出会いました。雨の降る日の夕方だったと思う。大教室の授業を受けていると、仲の良いM男に...
[ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
    レイプされた。体は手術済みでいわゆる「ニューハーフ」だが戸籍は男。強姦罪で告訴できるか。
    [ 問 題 ]Q59 レイプされた。体は手術済みでいわゆる「ニューハーフ」だが戸籍は男。強姦罪で告訴できるか。 A.強姦罪で告訴できる。 B.強制わいせつ罪で告訴できる。 C.泣き寝入りするしかない。 不正解答え:『 B.罪にならない。 』 理由:強姦罪の被害者は女性のみです。戸籍が男性なら強姦罪は成立せず、強制わいせつ罪にとどまると考えるのが妥当でしょう。 正解!答え:『 B.罪にならない 』 理由:強姦罪の被害者は女性のみです。戸籍が男性なら強姦罪は成立せず、強制わいせつ...
    [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
      外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。
      [ 問 題 ]Q58  外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。 A.ある。 B.ない。 不正解答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 正解!答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 「この女は何者?」 留学先のカナダで出会ったアメリカ人男性Vと恋に落ちたY子。留学期間を終えても二人の情熱が冷めることはなく、半年間の遠距離恋愛の末、Vは日本で暮らす決意をし、来日しま...
      [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
        次に挙げる「変態男」の行為のうち、法律上、罪が重いのはどちらか。
        [ 問 題 ]Q57 次に挙げる「変態男」の行為のうち、法律上、罪が重いのはどちらか。 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 B.ジュースにこっそり自分の精液を入れて女性に飲ませる変態男。 正解!答え:『 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 』 理由:Aは器物損壊罪が成立し刑事事件となります。Bは刑法上無罪であり刑事事件となりません。 不正解答え:『 A.こっそり自分の精液を女性の服にかける変態男。 』 理由:Aは器物損壊罪が成立し刑事事件となります...
        [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
          社長と月50万円の愛人契約を結んだが、そのうちお金が振り込まれなくなった。訴えることができるか。
          [ 問 題 ]Q56 社長と月50万円の愛人契約を結んだが、そのうちお金が振り込まれなくなった。訴えることができるか。 A.契約不履行で訴えることができる。 B.泣き寝入りするしかない。 不正解答え:『 B.泣き寝入りするしかない。 』 理由:愛人契約は公序良俗に反するため無効です。 正解!答え:『 B.泣き寝入りするしかない。 』 理由:愛人契約は公序良俗に反するため無効です。 「お手当は毎月50万円でいいかな」 W子は半年前から銀座でホステスをしています。お酒に弱く、...
          [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
            女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。
            [ 問 題 ]Q55 女性が15歳の男子と性行為をしたら罪になるか。 A.強姦罪になる。 B.淫行条例違反になる。 C.児童福祉法違反になる。 D.無罪。 不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。 正解!答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の犯人にはなりませんが、淫行条例の犯人にはなります。 不正解答え:『 B.淫行条例違反になる。 』 理由:女性単独では強姦罪の...
            [ 未成年との恋愛 , 危機管理における男女トラブル ]
              勤め先のクラブが「枕営業」推奨の給与体系に変わったが、処罰されることはあるか。
              [ 問 題 ]Q54 勤め先のクラブが「枕営業」推奨の給与体系に変わったが、処罰されることはあるか。 A.ホステスが処罰される可能性がある。 B.店が処罰される可能性がある。 C.法的に問題はない。 不正解答え:『 B.店が処罰される可能性がある。』 理由:料金システムによっては、店が売春させたとして刑事事件の処罰の対象となります。 正解!答え:『 B.店が処罰される可能性がある。』 理由:料金システムによっては、店が売春させたとして刑事事件の処罰の対象となります。 不正...
              [ 風俗・水商売トラブル , 危機管理における男女トラブル ]
                売春(援助交際)した女性には通常、どのような刑が課されるか。
                [ 問 題 ]Q53 売春(援助交際)した女性には通常、どのような刑が課されるか。 A.懲役刑が科される。 B.罰金刑が科される。 C.刑は科されない。 不正解答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 不正解答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 正解!答え:『 C.刑は科されない。 』 理由:売春は違法ですが、罰則はありません。 「お兄さん。遊んでかない?」 日本でトップの大学を卒業し、国...
                [ 性犯罪 , 危機管理における男女トラブル ]
                  男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。
                  [ 問 題 ]Q52 男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。 A.返す必要はない。 B.返さなければいけない。 正解!答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 不正解答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 「彼氏と結婚するそうだね」 U男はR子の一...
                  [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                    同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。
                    [ 問 題 ]Q51 同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。 A.すべて持ち出して大丈夫。 B.半分程度なら持ち出して構わない。 C.すべて置いていかなくてはいけない。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有しているものを持ち出せば窃盗罪が成立し刑事事件になります。持ち出すには話し合いが必要です。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有してい...
                    [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                      ページトップへ戻る

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。