婚活トラブル 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

    [CATEGORY]:婚活トラブル

外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。[POSTED]:2018-07-10

[ 問 題 ]Q58  外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。
不正解答え:『 B.ない。 』
理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。
正解!答え:『 B.ない。 』
理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。

「この女は何者?」

留学先のカナダで出会ったアメリカ人男性Vと恋に落ちたY子。留学期間を終えても二人の情熱が冷めることはなく、半年間の遠距離恋愛の末、Vは日本で暮らす決意をし、来日しました。
VはY子に事実婚の提案をしました。子供が生まれた時には婚姻届を提出することも考えるが、古い考え方にはとらわれたくない。Y子はそれに従うことにしました。
新婚生活はバラ色でした。Vは愛情表現豊かでY子をいつも大切にしてくれました。
ある日、近所で買い物を終えて帰宅したY子。家の前に見知らぬ外国人女性が立っています。
「うちに、何か用ですか?」
「ここにVはいますか?」
「私の夫ですが、どういったご用件でしょうか?」
話をしているところに、Vが帰宅しました。外国人女性はVを見るなり、Vにまくしたてました。
「私という妻がいながらいったいどういうこと?突然姿を消したと思ったら、この女は何者?」
Y子は状況がうまく読み込めません。ひとまず、外国人女性を家の中に入れ、詳しく事情を説明してもらいました。

事情はこうでし。
三年前、VはQというこの外国人女性と結婚しました。VとQはアメリカで同居し仕事をしていたが、Vがビジネススクールに通うためカナダに留学することになり、Qは引き続きアメリカで勤務し生活をしていました。
Vがカナダに留学中にY子もカナダに留学。留学生同士のパーティを通して知り合い、VはQとの関係を清算しないまま、Y子を選んだとのことでした。
Y子にとっては青天の霹靂。VはアメリカでQと結婚していたのです。しかし、Y子とも日本で事実婚です。
こんなことがあるのでしょうか。Y子はVの妻で居続けられるのでしょうか。

戸籍を見せてもらうしかない

まず、日本人同士の場合について刑事事件弁護士と考えてみましょう。相手が結婚しているかどうかを、相手に知られずに、確実に調べる方法はあるのでしょうか。
戸籍を調べることができれば、婚姻の有無はわかります。しかし、通常、戸籍謄本(全部事項証明書)を請求できるのは、本人、その配偶者、直系親族。その他の人が戸籍を請求するには、正当な理由が必要です。具体的には、自分の権利を行使したり、義務を履行したりするために戸籍の記載事項を確認する必要があるような場合などです。「恋人が結婚しているか否か調べたい」といった理由は認められません。

弁護士、司法書士、行政書士であれば、裁判に関わる戸籍謄本の申請などについては、職務上請求書を利用し、本人の承諾を得ずに取得することができます。しかし、具体的な事件とは無関係に、恋人の婚姻歴を調べてほしいという依頼では認められません。
結論としては、確実に確認するには、相手に頼んで戸籍謄本を見せてもらうほかないのです。

戸籍制度がない国もある

では、外国人の彼氏についてはどうでしょうか。ちなみに、アメリカには日本のように戸籍制度が存在しません。
日本人の女性が外国人の彼氏と国内で結婚する場合には、彼氏が、自国の大使館から発行してもらった婚姻要件具備証明書など、結婚の要件を満たすことを証明する書類が必要になります。これにより、彼氏が独身であることが証明することができるのです。

ただし、これは結婚が決まってからの話。結婚する前に、相手に知られず、相手が独身であるかどうかを確実に確認する方法は、残念ながら存在しません。

刑事事件弁護士の一言

「書類を見せて」にためらうか。

ページトップへ戻る

婚活トラブル』のその他の記事

外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。
[ 問 題 ]Q58  外国人の彼氏が結婚していないかどうか、彼氏に知られずに確認する方法はあるのか。 A.ある。 B.ない。 不正解答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 正解!答え:『 B.ない。 』 理由:彼氏を通じて書類を入手する必要があります。 「この女は何者?」 留学先のカナダで出会ったアメリカ人男性Vと恋に落ちたY子。留学期間を終えても二人の情熱が冷めることはなく、半年間の遠距離恋愛の末、Vは日本で暮らす決意をし、来日しま...
[ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
    男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。
    [ 問 題 ]Q52 男性から貢がれていたが、実は本命の彼氏がいるとバレた途端、「貸した金だから返せ」と言われた。 A.返す必要はない。 B.返さなければいけない。 正解!答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 不正解答え:『 A.返す必要はない。 』 理由:貸した側が貸したと立証できない限り、もらったものはもらったものということになります。 「彼氏と結婚するそうだね」 U男はR子の一...
    [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
      同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。
      [ 問 題 ]Q51 同棲を解消して、彼氏が留守の間に引越しすることを決めた。折半して買った家具や電気製品はどうするか。 A.すべて持ち出して大丈夫。 B.半分程度なら持ち出して構わない。 C.すべて置いていかなくてはいけない。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有しているものを持ち出せば窃盗罪が成立し刑事事件になります。持ち出すには話し合いが必要です。 不正解答え:『 C.すべて置いていかなくてはいけない。 』 理由:彼氏と共有してい...
      [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
        振った元彼が私の個人情報をネットに晒しているようだ。
        [ 問 題 ]Q40 振った元彼が私の個人情報をネットに晒しているようだ。 A.削除できる。 B.損害賠償請求できる。 C.AとBの両方。 不正解答え:『 C.AとBの両方。 』 理由:個人情報が掲載されているサイトのプロバイダに対して削除依頼をすることができます。書き込んだ者を特定した後に、損害賠償請求をすることも可能です。 不正解答え:『 C.AとBの両方。 』 理由:個人情報が掲載されているサイトのプロバイダに対して削除依頼をすることができます。書き込んだ者を特定した後...
        [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
          元彼が自分の裸の写真を今も持っている。何とかならないか。
          [ 問 題 ]Q39 元彼が自分の裸の写真を今も持っている。何とかならないか。 A.画像消去の強制執行を申し立てる。 B.画像返還訴訟を起こす。 C.どうにもならない。 不正解答え:『 C.どうにもならない。 』 理由:双方合意のうえで撮影したものなら違法性はないですから、法律ではどうすることもできないでしょう。 不正解答え:『 C.どうにもならない。 』 理由:双方合意のうえで撮影したものなら違法性はないですから、法律ではどうすることもできないでしょう。 正解!答え:『...
          [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
            結婚式を挙げた相手が実は既婚者だった。訴えられるか。
            [ 問 題 ]Q36 結婚式を挙げた相手が実は既婚者だった。訴えられるか。 A.結婚式の費用は請求できる。 B.結婚式の費用に加え、慰謝料を請求できる。 C.泣き寝入りするしかない。 不正解答え:『 B.結婚式の費用に加え、慰謝料を請求できる。 』 理由:結婚式まで挙げるという悪質さから、高額の慰謝料が予想されます。 正解!答え:『 B.結婚式の費用に加え、慰謝料を請求できる。 』 理由:結婚式まで挙げるという悪質さから、高額の慰謝料が予想されます。 不正解答え:『 B....
            [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
              結婚を前提に付き合っている男にお金を貸した。別れるときに返済を求めても返してくれない。
              [ 問 題 ]Q35 結婚を前提に付き合っている男にお金を貸した。別れるときに返済を求めても返してくれない。 A.詐欺罪に問える。 B.ケースバイケース。 C.詐欺罪にならない。 不正解答え:『 B.ケースバイケース。 』 理由:最初からだますつもりでなければ、詐欺にはあたらず刑事事件にはなりません。 正解!答え:『 B.ケースバイケース 』 理由:最初からだますつもりでなければ、詐欺にはあたらず刑事事件にはなりません。 不正解答え:『 B.ケースバイケース 』 理由:最...
              [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                医師限定の婚活パーティ。相手は医者だと信じてよいか。
                [ 問 題 ]Q33 医師限定の婚活パーティ。相手は医者だと信じてよいか。 A.信じてよい。 B.業者が医師免許証を確認していれば信じてよい。 C.疑ったほうがよい。 不正解答え:『 C.疑ったほうがよい。 』 理由:医師免許を偽造する参加者もいます。 不正解答え:『 C.疑ったほうがよい。 』 理由:医師免許を偽造する参加者もいます。 正解!答え:『 C.疑ったほうがよい。 』 理由:医師免許を偽造する参加者もいます。 「笑いが止まらないよ。」 K男は、友人の医師...
                [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                  婚活パーティで出会い、付き合った男が既婚者だと判明した。訴えることができるか。
                  [ 問 題 ]Q32 婚活パーティで出会い、付き合った男が既婚者だと判明した。訴えることができるか。 A.詐欺罪が成立する。 B.慰謝料を請求できる。 C.AもBも無理。 不正解答え:『 B.慰謝料を請求できる。 』 理由:財産を取られなければ詐欺には当たらず刑事事件にはならませんが、慰謝料は認められる可能性があります(ただし悪質事例に限られます)。 正解!答え:『 B.慰謝料を請求できる。 』 理由:財産を取られなければ詐欺には当たらず刑事事件にはならませんが、慰謝料は認め...
                  [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                    自分のマンションに愛人を住まわせていたが、関係を清算した。追い出すことができるか。
                    [ 問 題 ]Q31 自分のマンションに愛人を住まわせていたが、関係を清算した。追い出すことができるか。 A.追い出せる。 B.追い出せない。 不正解答え:『 B.追い出せない 』 理由:愛人契約は公序良俗に反しますので、その利益を返還させることはできません。 正解!答え:『 B.追い出せない 』 理由:愛人契約は公序良俗に反しますので、その利益を返還させることはできません。 「俺のマンションに男を連れ込むなんて許せない。」 Y男は飲料メーカーの役員を務める55歳。横浜...
                    [ 危機管理における男女トラブル , 婚活トラブル ]
                      ページトップへ戻る

                      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

                      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
                      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円税別
                      ※来所困難な方に限り、
                      1時間30,000円税別にて
                      電話相談に応じます。
                      1時間:
                      62,000円税別
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応
                      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
                      内容証明が届いた事件1時間:
                      12,000円(税別)
                      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
                      電話:初回15分
                      メール:初回1往復
                      土日夜間:初回15分
                      無 料
                      対立当事者に弁護士が就いた事件
                      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
                      弁護士を替えることを検討中の事件
                      その他、紛争性がある事件
                      (潜在的なものも含めて)
                      非対応

                      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

                      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
                      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

                      来所予約・お問い合わせ
                      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
                      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。