報道されてしまったら 危機管理・不祥事対応の弁護士相談は東京永田町法律事務所へ|危機管理.com

    [CATEGORY]:報道されてしまったら

対応策[POSTED]:2018-07-31

会社や学校からの事情聴取に対しては、冤罪であるとの一点張りで通しつつ、検察官の取調べに対しては自白して素直な供述態度で臨み、反省を示すことによって不起訴処分を狙う方もいるようです。供述内容が一見矛盾しているようですが、通常検察官が取調べ状況について会社や学校へ情報開示することはありません。不起訴処分さえ取れれば、不起訴処分告知書を会社や学校に提出することによって解雇・退学処分を免れることは大いに考えられます。
しかし事件の結末を見届ける前に処分を決めようとする会社・学校も多いので、必要なことを説明して、処分を待ってもらうように交渉する必要があるでしょう。

弁護士としては、積極的に嘘をつくことはできません。つまり、実際に事件を起こしていることを知っていながら、会社や学校からの問い合わせに対して冤罪だと主張することはできません。しかし、会社や学校から、弁護士に対して問い合わせがあった際には、弁護士としては守秘義務がありますので、事件の詳細や検事に対してどのような対応をしているかなどについて、クライアントの許可がない限り、一切回答できません。
結果的に会社や学校としては、実際に事件を起こしたのか、それとも冤罪なのかの確証を得ることは困難になることもあります。

ページトップへ戻る

報道されてしまったら』のその他の記事

対応策
会社や学校からの事情聴取に対しては、冤罪であるとの一点張りで通しつつ、検察官の取調べに対しては自白して素直な供述態度で臨み、反省を示すことによって不起訴処分を狙う方もいるようです。供述内容が一見矛盾しているようですが、通常検察官が取調べ状況について会社や学校へ情報開示することはありません。不起訴処分さえ取れれば、不起訴処分告知書を会社や学校に提出することによって解雇・退学処分を免れることは大いに考えられます。しかし事件の結末を見届ける前に処分を決めようとする会社・学校も多いので、必要なことを説明...
[ マスコミ報道の基準 , 対マスコミ危機管理 , 報道されてしまったら ]
    報道による被害
    容疑者として報道されてしまった場合、会社や学校から事情を聞かれ、解雇・退学処分が濃厚となる場合が多いでしょう。特に示談をしていた場合には、罪を認めたと解釈されてしまうようです。 ...
    [ マスコミ報道の基準 , 対マスコミ危機管理 , 報道されてしまったら ]
      ページトップへ戻る

      他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

      無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争はせず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある危機管理事件に限定しています。
      「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は無料電話相談(初回15分)・無料メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話無料相談(初回15分)で対応します。

      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
      内容証明が届いた事件1時間:
      12,000円税別
      ※来所困難な方に限り、
      1時間30,000円税別にて
      電話相談に応じます。
      1時間:
      62,000円税別
      電話:初回15分
      メール:初回1往復
      土日夜間:初回15分
      無 料
      対立当事者に弁護士が就いた事件
      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
      弁護士を替えることを検討中の事件
      その他、紛争性がある事件
      (潜在的なものも含めて)
      非対応
      来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
      内容証明が届いた事件1時間:
      12,000円(税別)
      ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
      電話:初回15分
      メール:初回1往復
      土日夜間:初回15分
      無 料
      対立当事者に弁護士が就いた事件
      調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
      弁護士を替えることを検討中の事件
      その他、紛争性がある事件
      (潜在的なものも含めて)
      非対応

      ※お電話やメール、土日夜間の電話相談は、「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している危機管理事件に限定して、簡略なアドバイスを差し上げる限度で提供しています。メール相談電話相談または土日夜間の電話相談よりお問い合わせください。

      ※一般的な法律知識については、お電話やメールでのお問い合わせを受け付けておりません。
      一般的な法律知識に関する情報は危機管理大全でご案内していますので、こちらをご利用ください。

      来所予約・お問い合わせ
      03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
      ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。